"NATURE'S WINDOW"

大自然への扉

- Luxury Lohas

The new Malibu Hotel development located in Kamakura, Japan was a central part of  a larger mix-use development that would see the revamp of a semi-public marina bay.

The hotel would act as the nucleus of a campus that would include wedding venues, sporting facilities, retail, food & beverage and fine-dining.

Cresava’s involvement in the project was to ensure the overall brand developed and marketing strategy captured the culture and lifestyle the site was renowned for and appeal to the broader market. As the site was originally part of an exclusive members club the challenge to was to supplement the lifestyle of the existing members, whilst attracting a new generation of young professionals.

With the selection of key retail and dining vendors occupying specific units on the site it was important to create a brand for the hotel that would not distract or contradict the individuality of such venders whilst branding together and representing the overall culture and vision of the marina bay as a whole.

- Surrounding Inspiration​

There was a collaborative goal with the Malibu-Farm restaurant, known for its promotion of a healthy, organic, sustainable and minimal lifestyle. It was important for the brand to encompass this whilst grasping the elements that represented the Riviera resort.

Known for its Yacht Clubs, luxury 5-star service and wedding venues the Riviera brand was renowned for its level of prestige.

The new brand for the hotel would need to capture and marry both these cultures.

The branding was driven by these cultures and the content of the site itself, naturally drawing from the inspiration of the surrounding elements. The hotel was to act as a gateway or ‘window’ from the land to the ocean, for city workers to

their country gateway, from the daily grind to momentary freedom. The new hotel was to mark the begging of a new story or the turning of a new leaf and embracing a more responsible approach to sustainability. It was important to capture this passion from the client and to ensure it was represented its up-most certainty through the brand, and then in themarketing strategy.

-Guidelines

Assisting the client in the coordination of the design development, a strong cohesive branding guideline was established that would allow the client to easily implement existing and future marketing strategies. The brand was to be recognized across the board and to allow third party vendors flexibility to promote their own brands whilst aligning with the site’s overall umbrella brand.



-ラグジュアリーロハス

逗子に開業するマリブホテルは、逗子マリーナの改造とも言える大規模な複合利用開発の中心となります。マリブホテルは、結婚式場、スポーツ施設、ショップ、高級レストランを含むマリーナの中核として機能する場所なのです。

Cresavaはこのプロジェクトに参加し、ブランド全体の開発とマーケティング戦略がライフスタイルそのものを捉えていることを認識しました。ホテルが建設される場所は元々会員専用クラブの一部だったため、既存メンバーのライフスタイルを補完しながら、新しい顧客となりうる世代層を誘致することが求められました。

ブランディングでは、敷地内の小売店やダイニングの個性を混乱させたり矛盾させたりしないようブランドを作りあげ、マリーナ全体の文化とビジョンを表現しています。

- インスピレーション

ホテルに併設されるマリブの高級レストラン「マリブファーム」は、健康的でオーガニック、サスティナブルでミニマルなライフスタイルを軸としたプロモーションで知られており、ホテルとコラボレーションさせていくことも目標の一つでした。

ブランドにとって重要なのは、リビエラリゾートを象徴する要素を把握しながら、それらを網羅することでした。

会員制のヨットクラブ、結婚式場、信頼されたサービスで知られるリビエラブランドはすでに高い信頼で知られており、マリブホテルには、これら両方の要素を融合させていくことが必要でした。

ブランディングはこれらの文化的要素と、敷地内のコンテンツからインスピレーションを得て、自然と周囲の要素を取り込みました。

ホテルは、陸から海へのゲートウェイ、つまり「窓」として機能し、都市部で生活する人々がその混沌とした日常を忘れ、安らぎの空間へ来たかのような場所であることを示しています。マリブホテルは、新しい物語の始まり、あるいは新たな一歩を踏み出し、持続可能性へのより責任あるアプローチを図ることも意味しているのです。

クライアントからのこの情熱を受け止め、ブランドを通じ、マーケティング戦略へ反映させることが需要でした。

- ガイドライン

クライアントがデザイン開発および既存のマーケティング戦略と将来のマーケティング戦略をスムーズに進行できるよう、ブランディングガイドラインを確立しました。

 
malibu_0988.jpg
malibu_1038.jpg
malibu_0928.jpg
malibu_0786.jpg
JAAY0168.jpg
DRive-789.jpg
DRive-37.jpg
 
MHLOGO.jpg
 

Created by Cresava